• ホーム
  • らくらく青色申告農業版と他社との違い

らくらく青色申告農業版と他社との違い

他社 らくらく青色申告農業版
価格 60,000円 8,000円
基本的な違い 本格的な複式簿記方式を採っているため、農業用とはいえ、たとえば売上項目についても売上という勘定科目の補助科目としての設定が必要であり、ほかの経費項目についても税務署の様式にこだわらず自分で設定が必要。
損益計算の形式も製造業の方式を採ってあり、生産経費と一般管理費とに分かれている。
一般管理費は農業用決算書での扱いとしては雑費及び共済掛金などの内訳的な使用になっている。
農業用青色申告損益決算書作成を目的にしていますので勘定科目等は税務署の決算書様式に準じていますので、大きな変更なしに利用及びスタート出来る。
対象の農業者 個人、法人どちらにも対応 個人専用
導入設定 複式簿記の知識が絶対条件として必要
売上項目も経費項目も勘定科目の設定と補助科目の設定が必要。
経費項目も税務署の様式に載っている科目と勘定科目との関連を理解する必要がある。
但し科目の設定数は自由
税務署の申告用紙に手書きで申告していた人にとっては、そのままの形で売上項目や経費項目の設定が出来る。
基本的な項目は予め設定されている。
部門管理 部門管理が可能 部門管理は出来ない
取引の入力 簡易振替伝票、振替伝票、出納帳入力などでどれでも入力できるが、摘要辞書は借方、貸方両方を登録する形なのでわかりにくい 現金出納帳、預金出納帳による入力でほとんどが事足りる
場合によっては振替伝票での入力も可能
摘要辞書は現金出納帳、預金出納帳別に登録が出来るため解りやすい
償却資産台帳 減価償却資産登録で登録した後で減価償却費仕訳転送という作業が必要である 税務署の書式に合わせた入力形式になっているので視覚的にも解りやすい
登録すると償却費の仕訳は自動的に計算してくれる
決算書 一般の決算報告署のように作成して、税務署の書式に従って入力し直す必要があり面倒 税務署の書式に合わせた入力形式になっているので、用紙に書き込むような感覚で入力することによって完成させることが出来るため、解りやすい
総括 本格的な複式簿記を採用しているために、法人、個人どちらにも対応している。
部門管理など細かい管理が可能になっている。
その分、利用には複式簿記の知識が不可欠になっているために使いこなすにはハードルが高い。
税務署の申告書式に準じた作成方法を採っているため、青色申告の決算書作成としては解りやすく、専門的な知識もあまり必要なく決算書を作成することが出来る。
但し、部門管理などの経営管理分析はあまり重要視しておらず、法人には対応していないなど、あくまでも個人の農業青色申告決算書を作成することに徹している。
特徴 | 操作方法 | お試しDL | 価格 | 他社との違い | Q&A | お客様の声 | お役立ち情報 | ご購入はこちら | トピックス | アップデート
ホーム | お問い合わせ | サイトマップ | 会社概要