事業割合は摘要に対して設定することができますが、振替伝票では摘要を使用しないため、事業割合を設定することができません。
振替伝票で経費科目を使用する場合は、農業経費分の金額を計算して入力してください。