税込処理を基本としているため、「税率」の表示/非表示に関わらず、出納帳等の金額欄には税込金額を入力してください。