出納帳や振替伝票で摘要等を選択すると、日付や設定に応じて「税率」が自動入力されますので、正しい税率が反映されているかご確認ください。
出納帳に表示された「税率」を修正したい場合は、摘要登録で「増税後税率」を修正したり、税率ごとに摘要を分けて登録する等してください。
振替伝票の場合は、「税率」を直接変更してください。

また、2019年10月1日以降の取引でも、消費税の経過措置によっては旧税率(8%)で計上しなければいけない場合がありますので、取引の内容をご確認ください。
(経過措置の詳細につきましては、お近くの税務署等へご確認ください。)