らくらく青色申告農業版の特徴

借方?貸方?事業按分?わからなくても大丈夫

家計簿のように単式簿記のイメージで入力できますので、
借方貸方を気にすることなく簡単に記帳できます。

摘要に事業割合を設定することで、
家計分と農業分を自動で按分計算します。

農業用に特化しているからわかりやすい

「農業所得用」の青色申告決算書に合わせているので、迷わずお使いいただけます。

「償却資産台帳」に償却資産を入力するだけで、減価償却費も自動計算できます。

青色申告特別控除(最大65万円)を適用可能

「貸借対照表」「損益計算書」のどちらも自動で作成できます。

特に「貸借対照表」は、青色申告特別控除(最大65万円)を受けるために必要です。
※2020年分以降の申告については、65万円の控除を適用するためには電子申告が必要となります。電子申告を行わない場合は最大55万円控除になります。

決算書の内容をe-Taxソフト向けのファイルとして出力できます。

らくらく青色申告で作成した決算書を、e-Taxソフトで組み込み可能な形式で出力できます。
※e-Tax出力機能は、弊社ホームページで公開するアップデートプログラムで対応いたします。

消費税計算書(簡易課税用・一般用)も簡単に作成できます。

出納帳・決算書と連動しているため、ほぼ自動で作成できます。
※2019年版・2020年版の消費税計算書は、弊社ホームページで公開するアップデートプログラムで対応いたします。

収入保険をご検討の方にもおすすめです。

収入保険に加入するためには、青色申告の実績があることが条件になっています。らくらく青色申告農業版で青色申告を行いませんか?
※収入保険に関しての詳細はこちらへ (←農林水産省のサイトを開きます)。

決算書を作るまでの大まかな流れ

STEP.1
登録
科目・残高登録摘要登録
取引入力の基本となる科目や摘要の設定、期首残高、事業割合を登録します。
STEP.2
日常業務
現金出納帳預金出納帳(5つ)売掛帳買掛帳振替伝票
日々の取引の入力を行います。
※振替伝票は、各種出納帳に入力できない取引の場合に使用します。
STEP.3
帳票出力
総勘定元帳科目別摘要集計収支推移表仕訳帳
出納帳や振替伝票に入力したデータを元に、科目別・摘要別の集計表などを出力します。
STEP.4
決算
決算書消費税計算書
税務署へ提出する書類の最終入力および出力を行います。

必要システム構成

OS Microsoft® Windows® 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista(SP2) / XP(SP3)
※マッキントッシュ(Mac)には非対応
※アップグレード(上書きインストール)したOSは動作保証外
CPU 上記OSがサポートするCPU
ディスプレイ 解像度 1024×768以上 必須
光学ドライブ CD-ROMドライブ 必須
※ダウンロード版は不要
ハードディスク 2GB程度の空き
メインメモリ 上記OSがサポートするメインメモリ
日本語入力ソフト Microsoft社製 IME 推奨
その他 ●Excel入出力機能は、Microsoft Excel 2000~2016に対応。
※サービスパックは最新版を適用
※64bit版やExcel Mobileには非対応
●タブレットは動作保証外。