らくらく青色申告農業版の特徴

「複式簿記」がわからなくても大丈夫!

単式?複式? 難しくありません!

  • 単式簿記のようなイメージで入力することができます。「借方?貸方?」と仕訳を気にすることなく記帳できます。
  • 内部では複式簿記として処理しているため、青色申告に必要な貸借対照表がほぼ自動的に作成できます。
  • 家計費と農業用経費の按分振り分けも自動で計算します。
  • 「償却資産台帳」に入力するだけで農機具などの減価償却費も自動計算!
  • 消費税計算書(簡易課税用・一般用)も簡単に出力することが出来ます。
    2019年10月からの新消費税率に対応しております。
    ※消費税計算書は、国税庁の仕様公開後にアップデートプログラムで対応します。

「農業専用」だから、すぐに始められる!

  • 面倒な導入設定が無く、摘要の追加等の簡単な設定のみですぐに出納帳の入力ができます。
    ⇒ 導入時の設定方法(摘要登録)はこちら
  • 科目体系は税務署の申告用紙に合わせておりますので初めての方にも馴染みやすい作りとなっております。

「青色申告」のメリット 青色申告特別控除(最大65万円)適用可能!

「貸借対照表」も難しくありません!

  • 青色申告特別控除(最大65万円)を受けるために不可欠ながら、複雑で面倒と思われがちな貸借対照表が、出納帳など手順に従い正しく入力することにより自動で作成されます。
  • 青色申告決算書の内容を、e-Taxソフト向けのファイルとして出力できます。
    ※申告前に、弊社ホームページよりアップデートプログラムのダウンロードが必要となります。
    ※2020年分以降の申告については、65万円の控除を適用するためには電子申告が必要です。電子申告を行わない場合は55万円控除となります。
  • 電子申告を行わない場合は、本ソフトで印刷した決算書をそのまま提出することができます。(税務署用紙への転記不要)

決算書を作るまでの大まかな流れ

STEP.1
登録
科目・残高登録摘要登録
取引入力の基本となる科目や摘要の設定、期首残高、事業割合を登録します。
STEP.2
日常業務
現金出納帳預金出納帳(5つ)売掛帳買掛帳振替伝票
日々の取引の入力を行います。
※振替伝票は、各種出納帳に入力できない取引の場合に使用します。
STEP.3
帳票出力
総勘定元帳科目別摘要集計収支推移表仕訳帳
出納帳や振替伝票に入力したデータを元に、科目別・摘要別の集計表などを出力します。
STEP.4
決算
決算書消費税計算書
税務署へ提出する書類の最終入力および出力を行います。

必要システム構成

OS Microsoft® Windows® 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista(SP2) / XP(SP3)
※マッキントッシュ(Mac)には非対応
※アップグレード(上書きインストール)したOSは動作保証外
CPU 上記OSがサポートするCPU
ディスプレイ 解像度 1024×768以上 必須
光学ドライブ CD-ROMドライブ 必須
※ダウンロード版は不要
ハードディスク 2GB程度の空き
メインメモリ 上記OSがサポートするメインメモリ
日本語入力ソフト Microsoft社製 IME 推奨
その他 ●Excel入出力機能は、Microsoft Excel 2000~2016に対応。
※サービスパックは最新版を適用
※64bit版やExcel Mobileには非対応
●タブレットは動作保証外。