摘要に対して農業で使用する割合を「事業割合」として設定します。
経費科目を使用している摘要の場合のみ設定できます。

摘要登録の「事業割合」欄に、0~100%の範囲で直接入力します。
初期状態では『100(%)』になっていますので、実情に合わせた割合に変更してください。
(例えば、「電気料金」の農業での割合が50%の場合は、事業割合を「50(%)」にします。)

事業割合が設定された摘要を使用すると、按分計算された金額が決算書(損益計算書等)へ自動的に反映されます。

※同じ取引でも事業割合が異なる場合は、事業割合ごとに摘要を分けて登録してください。
 ⇒ 【参考Q&A】同じ摘要でも事業割合が異なる取引がある場合はどうすればよいでしょうか?
※摘要ごとに事業割合が適用された金額(経費算入金額、按分差額)を確認したい場合は、「科目別摘要集計」でご確認いただけます。