出納帳や振替伝票の「税率」は、入力した取引の消費税率が表示される項目です。
収入科目や経費科目、または、それらの科目を使用した摘要を選択すると、日付や設定に応じて自動的に税率が表示されます。例えば、増税後税率が「10%」の摘要を使用した場合、2019年9月30日以前の取引は「旧8」、2019年10月1日以降の取引は「新10」と表示されます。
基本的には変更不要ですが、消費税の経過措置等によって取引ごとに変更が必要となる場合があります。

・出納帳の場合

・振替伝票の場合

※「税率」の種類は以下の通りとなります。