本年中に新たに償却資産を購入した場合は、購入時の取引を「出納帳」(または「振替伝票」)に入力します。
また、決算書の「償却資産台帳」にその資産を登録します。
 

【償却資産に関する科目について】
償却資産を計上する場合は、資産科目(3種類)を使用して入力します。
償却資産の種類(資産区分)と、その区分に対応する資産科目は以下の通りです。

 <資産区分>      <科目>
 「建物」   ・・・ 「建物・構築物(資産)」
 「農機具等」 ・・・ 「農機具等(資産)」
 「果樹牛馬」 ・・・ 「果樹・牛馬等(資産)」
 ※「建物」や「果樹牛馬」に当てはまらないものは、すべて「農機具等」扱いになります。
 

【出納帳等への入力方法】
入力する出納帳や内容は、購入方法によって異なります。
今回は、購入代金を 現金 で支払った場合を例にご説明します。

(1) 「摘要登録」の現金/出金画面に、償却資産の購入時の取引を入力する摘要があるか確認します。

 ・該当する摘要がある場合 → 手順(2)に進みます。
 ・該当する摘要がない場合 → 以下のように摘要を登録します。

   摘要名「○○購入」(※摘要名は一例です。)
   科目 「(購入した償却資産の区分に対応する資産科目を選択します)」

(2) 「現金出納帳」に、手順(1)の摘要を使って、購入時の取引を入力します。

  日付「(購入代金を支払った日)」
  摘要「○○購入」
  購入「(購入金額)」
 

【償却資産台帳への入力方法】
決算書の「償却資産台帳」の新規行へ、新しい資産を追加します。

(1) 「減価償却資産の名称等」に、購入した資産名を入力します。(例:トラクター、木造建物作業場 等)

(2) 「資産区分」で、購入した資産に対応する区分を選択します。

(3) 「償却方法」を選択します。
  購入した資産の金額や取得期間等によって、適切なものを選択してください。

(4) 必要に応じて、「牛馬」、「無形資産」にチェックを付けます。

(5) 「面積又は数量」に、建物の面積や機械の台数などを入力します。

(6) 「取得(成熟)年月」に、資産を取得した年月を入力します。
  和暦と西暦どちらでも入力できますが、西暦で入力した場合は自動的に和暦に変換されます。(【例】2020.5 → R2.5)

(7) 「[イ]取得価額」に、資産の取得金額を入力します。
  「取得年月」が正しく設定されていると、自動的に「本年分取得」へ同じ金額が反映されます。

(8) 「耐用年数」を入力します。
  耐用年数は国税庁の耐用年数表を参照していただくか、税務署へご確認ください。
   ⇒ 【参考Q&A】償却資産の耐用年数がわかりません。

(9) 「本年の償却開始月」に、償却を開始する月を選択します。

(10) 「[チ]事業専用割合」に、農業で使用する割合(%)を入力します。
 
上記の入力を行うと、本年分の「必要経費算入額」が計算され、損益計算書の「減価償却費[20]」に反映されます。

QA番号:a000030